不動産業界のさらなる発展を目指して
埼政連|埼玉県宅建政治連盟
埼玉県
埼政連について
埼玉県宅建政治連盟(埼政連)についてのご紹介です。

組織と目的

 埼玉県宅建政治連盟は、公益法人である「公益社団法人 埼玉県宅地建物取引業協会」の政治活動に限界があるため、国や埼玉県等に対して、中小不動産業者の繁栄をめざした、より積極的な活動を行うための組織として、昭和49年5月に設立されました。

活動内容

 不動産業は国の施策に左右されるところの大きい施策産業の側面を有しています。そのため、不動産業界は一致団結をし、権益擁護のために土地住宅税制・政策について“こうあるものだ”と理論形成し、国に対して粘り強く継続的な働きかけを行うことが重要です。
  埼玉県宅建政治連盟は、主に不動産業の発展並びに権益を擁護するための政治活動の他、県下における各種の議会・選挙対策活動等を通じて、政策改善等の提言を行っています。具体的には、土地住宅税制や政策等の陳情・要望活動を通じて、不動産業者の権益擁護に努力しています。

埼政連シンボルマーク
ページの先頭へ
copyright(c) SAISEIREN all rights reserved.